初心者におすすめのウェッジ

やさしさ追求の初心者におすすめのウェッジを紹介します。
今のアイアンセットには、
ウェッジは含まれていない。

そのため、ウェッジを自分で選ぶ必要がある。

ショートゲームには、いろんな打ち方があって、ゴルファーの得意とするテクニックも違うため、ウェッジ選びは、それぞれのプレイスタイルに合ったウェッジを選ぶことが大切。

当サイト、やさしいウェッジランキングでは、

とにかく簡単にやさしくアプローチがしたい。
ちょっとしたダフりなんか問題にならない。

と言ったやさしさ追求のウェッジを紹介します。


やさしいウェッジの選び方のポイント

やさしいウェッジは、大きめのヘッドで、グースネックを選ぶ。
やさしいウェッジの選び方のポイント

やさしいウェッジは、大きめのヘッドで、グースネックを選ぶ。

ヘッド形状で、構えたときのイメージが決まります。アドレスをとったときに違和感があれば、どんな高価なウェッジでも役に立ちません。

一般的にやさしいと言われるヘッド形状は、
やや大きめのヘッドで、安心感がある。
グースネックで、ボールを捉まえやすい。

ウェッジのおすすめセッティングは3本。

アイアンが、ストロングロフト化しているため、サンドウェッジとのロフト角の開きが大きくなっています。その開きをピッチングウェッジで微妙にコントロールすることはプロでも難しい技。

おすすめウェッジセッティング3本の例

ピッチングウェッジが44°の場合、
3本セッティングなら 4度刻みの48°+52°+56°
2本セッティングなら 52°+56°

ピッチングウェッジが46°の場合、
3本セッティングなら 4度刻みの50°+54°+58°
2本セッティングなら 54°+58°

バウンス角が大きいウェッジを選ぶ。

バウンスがあると、少し手前にヘッドが入ってもヘッドが地面にもぐらずに、ヘッドを前に進ませてくれるので、ダフっても、クラブヘッドが動いてくれます。その許容範囲がバウンス角が大きいほど広がります。

グラインドはバウンスを自然に活かせるウェッジを選ぶ。

幅の広いソールを選べば、自然とバウンス効果が得られる。卜レーリングエッジのグラインドが少ないウェッジもバウンス効果を活かすことができる。


やさしいウェッジ 売れ筋人気ランキング

人気のやさしいウェッジをランキングで紹介
やさしいウェッジはヘッドが大きめで、グースネック、バウンス角も大きめでワイドソールがおすすめです。

フォーティーン C-030 ウェッジ

ダフってもいいウェッジがフォーティーン C-030 ウェッジ
幅広ソールに中央に溝のあるキャニオンソールが特徴のフォーティーン C-030 ウェッジ。ダフってもヘッドが刺さらずそこそこ飛んでくれるウェッジ。ネックもグースネックでボールのつかまりもよく自然とスクエアに構えやすい。やさしさを追求したおすすめのウェッジと言えば、先ずはこのフォーティーン C-030 ウェッジをすすめる。バンカーが苦手な人にもおすすめです。

 


クリーブランド RTX F-FORGED ウェッジ

ゴルファーのショートゲームをやさしくするための機能が盛り込まれたクリーブランド RTX F-FORGED ウェッジ。自然とハンドファーストに構えられ、ボールをしっかりとつかまえられるグースネックのウェッジ。幅が広めに設計されたワイドソールが、ラフではヘッドの抜けがよく、バンカーではスムーズに脱出できるのでおすすめのウェッジです。

 


キャスコ ドルフィンウェッジ DW-115G

抜けの良さを求めた独自のドルフィンソールのドルフィンウェッジ DW-115G。トゥ側・中央・ヒール側でバンス角を変化させたトリプルバンスソールが抜けの良さを発揮。まるでソール全体が働き、いるかが泳ぎ抜けるように、バンカーやラフでも抜群の抜けの良さを発揮します。重めのバランスも、ヘッドが走りクラブヘッドがボールを運んでくれます。


Top へ